法人口座の注意すべき点

法人口座開設には時間がかかる

お店や会社を法人化するなら、設立登記の完了と同時に法人口座も早めに作っておくことが肝心です。お店や会社では仕入れ代金の入金口座として、あるいは従業員に給与を支払う口座など、様々なシーンで法人口座が必要になります。また個人で作る普通口座とは異なり、法人口座の開設には金融機関の厳格な審査があるため、それだけでも時間がかかってしまいます。このような厳しい審査がある理由は、単に法人の財務力を調べるだけでなく、マネーロンダリングや振り込め詐欺のような、犯罪に利用されるケースを未然に防ぐこともあります。

ちなみに銀行で法人口座を開設しようとすると、審査には1週間から2週間程度の時間を要するのが通常です。したがって速やかにお店や会社を法人としてスタートしたいなら、できるだけ早い段階で法人口座開設の手続きを始めるのが理想でしょう。

本店所在地の実態をハッキリしておく

前述したように法人口座の開設には厳格な審査がありますが、幾つかの条件をクリアできないと、金融機関から拒否されるため注意が必要です。そのうちクリアすべき基本的な条件として挙げられるのが、本店所在地の実態です。金融機関では設立実態や事業目的があいまいな法人を嫌います。これも法人口座の犯罪利用を懸念しているためです。

例えば本店所在地がビルの住所だけを借りただけのバーチャルオフィスの場合には、金融機関の多くで審査が通らないと考えた方がよいでしょう。また、本店所在地から離れた金融機関の支店で法人口座を開設しようとするのも、拒否されるケースがほとんどです。いずれにしても法人口座を開設するなら、本店所在地の実態が明確で、そのエリアを管轄する最寄りの金融機関の支店に申し込むのが基本となります。