法人口座のメリットを知ろう

お店や会社を経営しているなら法人口座が必須

一定規模以上のお店や会社を経営し、法人化までしているなら、銀行で法人名義の口座を開設するのが基本です。法人口座を持つことで融資が受けやすくなる上、個人の普通口座よりも大きな金額での融資が可能になります。また財務上のお金の流れが明白になることも、法人口座の大きなメリットです。支払いや振り込みなどを法人口座に一括することで、法人に関する金銭の動きをトータルに把握しやすくなります。同時に収益や損失あるいは経費といった財務状況までチェックできるため、法人の健全な経営にも役立ちます。

税務の上でも法人口座が欠かせません。もし法人口座がなければ、個人と法人のお金の流れが混在してしまい、正確な税務額を算出できなくなります。これでは税務署に脱税を疑われることにもなりかねません。税務対策の上でも、法人口座は欠かせないツールと言えるでしょう。

法人口座のメリットは銀行ごとに異なる

一口に法人口座といっても、開設する銀行のタイプによって、それぞれメリットが異なります。まずメガバンクで法人口座を開設するメリットは、何といってもお店や会社の信用力が上がることでしょう。全国に支店網を築き、一般的によく知られているメガバンクであれば、取引先からも信頼される確率が高まります。また高額な融資が可能になる点も見逃せません。圧倒的な資金力を誇るメガバンクなら、お店や会社を拡大する上で、必要な融資を引き出すことも可能になります。

その一方で、事業の規模が小さいお店や中小零細の会社では、信用金庫に大きなメリットがあります。例えばメガバンクに比べて法人口座の開設基準がそれほど厳しくない上、融資においても経営者の人柄や事業の伸びしろ等で、柔軟に判断してもらえることが珍しくありません。