法人口座とは何か?

法人名義で開設される金融機関の口座

法人口座とは、会社名義で開設される銀行口座のことです。会社経営時に売り上げた分の金を受け取る機能や、法人名義で様々な支払いをするときに使う口座といえます。 売り上げた分のお金を受け取るときや支払いの時に法人名義ではなく会社社長などの個人名義で口座を指定すると、会社としての信頼度に関わるといわれているため、会社を設立したらすぐにでも開設したほうがいいでしょう。 また、支払いの時に銀行振り込みだけではなく、法人カードなどを使った支払を行うことも可能です。しかし、法人カードの申し込みには口座の指定先として法人口座が必要となります。企業として活動をしている以上、法人口座を開設することは企業にとって必須であるといえます。

口座開設は即日できるのか

法人口座は企業の信頼性を高めるために必要とされていますが、申し込んですぐに開設することはできません。法人口座を開設するにあたっては、金融機関側の審査が必要になるからです。申し込みをするときに書類が必要となりますし、審査に数日から数週間かかることもあります。したがって、早めに口座開設をするために、事業を立ち上げたらすぐに書類を用意して提出することです。必要な書類は金融機関ごとに多少異なるため、自社で口座を立ち上げたい金融機関のホームページを確認し、必要書類をチェックしましょう。法人口座を開設するときには、金融機関ごとにサービス内容や利便性を確認して開設することが自社に大きなメリットをもたらします。